1歳未満の乳幼児に蜂蜜(はちみつ)を食べさせてはいけない理由

1歳未満の乳幼児に蜂蜜(はちみつ)を食べさせてはいけない理由

1歳未満の子にハチミツを食べさせてはダメ!

ハチミツのラベルを見ると、「1歳未満の乳幼児には食べさせないで下さい」といった内容の注意書きが書いてあります。

なぜ、このような注意書きが書いてあるのでしょうか?

それは、自然界に存在しているボツリヌス菌が原因です。

何も加工していないハチミツには、ごくまれにボツリヌス菌が入り込むことがあります。

このボツリヌス菌は、腸内細菌が整っていない1歳未満の子供に与えてしまうと、中毒などが起こる可能性があります。

また、1987年に乳児ボツリヌス症という感染例が出たため、当時の厚生省が「1歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはならない」と通達を出しています。

蜂蜜(はちみつ)には殺菌力や抗菌力がありますが、ボツリヌス菌は普段、耐久性のある硬い殻に包まれていて休眠状態にいます。

では、いつ活動するのかというと、それは腸に入ってからです。

なので、腸内細菌が整っていない1歳未満の人はボツリヌス菌に感染してしまう恐れがあるのです。

ただし、腸内細菌や腸内免疫システムが発達した1歳以上の人なら問題はありませんし、妊婦も授乳期の人もハチミツは食べて大丈夫です。

妊婦も授乳期の人もハチミツは食べて大丈夫




三朝温泉 三朝温泉で喉や鼻の呼吸器を改善

副収入